ナサケモノの日記

Twitter: @nasakemono2016

ホリエモンの「我が闘争」が感動的だった

 

我が闘争 (幻冬舎文庫)

我が闘争 (幻冬舎文庫)

 

 

本書は堀江貴文氏が福岡県の田舎町で生まれてから、時代の寵児と呼ばれるまでの大物になり、ライブドア事件を経て収監されるまでの半生を自ら振り返った自叙伝となっている。

 堀江氏の著作の中で最も代表的な作品の一つに「ゼロ」があるが、「ゼロ」は半分自叙伝で半分自己啓発と言うような内容であったのに対し、「我が闘争」では堀江氏が自らの人生を振り返り、その時に考えていたこと等を振り返るというような構成になっており、「ゼロ」以上にこれまでのホリエモンの人生が具体的に描かれている。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

我が闘争』を読み、興味深かった点を幾つかピックアップし、まとめていきたい。 

自由を掴み取るための闘い

本書のタイトルでもあるように、堀江氏の半生は常に自由を掴み取るための闘いであった。刺激のない田舎の生活や両親との感覚のズレから脱出するために闘った福岡在住時代。大好きなインターネットと出会い、世界一大きな会社を作るために奔走したオン・ザ・エッヂ時代。社名をライブドアに変更し、旧態依然としたプロ野球業界やテレビ局、政界との闘い。ライブドア事件では検察とも闘った。これらの大きな闘いに彼は破れ、傷つくが、当時一世を風靡したITの革命児として、社会に大きな爪痕を残した。既得権益VS堀江貴文という構図の元、彼は常に面白い世の中を見るため、自由な世界を創るために闘っていた。

目の前の瞬間に集中し続けた人生

パソコンや漫画、頭をつかう事など幼少期からハマってしまうと寝食を忘れてしまうほどだったという堀江氏。大学時代は麻雀や競馬などにもハマり、絵に描いたような堕落した大学生でもあったようだ。その後、真人間に戻ろうとパソコンを活かしたアルバイトを通してインターネットを知り、インターネットの可能性に熱狂し、真っすぐ進んだ結果ライブドアという巨大なIT企業の社長となっていたというのが彼の人生である。彼の人生には打算や権利への憧れがない。そもそも社長という立場にも興味がないらしく、初めて企業をした際は当時付き合っていた彼女を社長にするというプランもあったほどだそう。目の前の楽しいことを無邪気に追いかけるという彼のスタンスは、その後のITのブームに乗っかって一攫千金を狙ったIT社長達とは大きく異る。

視点の変化

本書を読んでいた感じたのは、大学時代からライブドア時代にかけての堀江氏の視点の大きな変化だと思う。それまでの堀江氏は自分の半径数メートル以内での楽しさに没頭する日々であったが、インターネットに触れて以降、彼の視点は世界規模になったように思う。インターネットの登場が必然的にそうさせたのかもしれないが、ライブドア時代の彼の闘争は自分のみたい世の中を作りたいという大きな野望が動機になっている。出所後の今も、株式会社ではない形で、自分の見たい世界を実現するために、オンラインサロンを運営したり、予防医療の啓蒙活動を通してより多くの人の健康寿命を伸ばす活動やインターネットの次の革命として、宇宙事業に取り組むなど自分以外の人の生活をより良くするための活動も増えているように思う。

まとめ

我が闘争』から見られる彼の半生も、釈放後の彼の動きを見ても、彼の人生は一貫して「今」に集中して生きている。本書の中にもあるように、「死」への恐怖が人一倍大きい彼にとって、今を最善のものにするという生き方しか彼には出来ないそうだ。

 

我が闘争』というネーミングセンスも良さも勿論のこと、闘争を通して最後に彼が学んだ事は「他人の気持ちは理解できないが、他人の気持ちを想像する必要がある」ということだった。闘争の果てに「思いやり」を見出すというのがなんとも感動的な結末である。

 

デート奢る奢らない問題

先日知り合の女の子にデートの時は基本奢らないという話をしてドン引きされました笑

僕は一部の例外を除き、基本的にデートでは割り勘で、細かいところは多めに払うというスタンスです。7000円であれば4000と3000といった具合に。

奢らない理由

なぜ奢らないことが多いかというと、僕は相手を自分と対等な一人の大人として扱いたいからです。奢るとそこに何かしらの上下関係があるという事を認めることになります。たしかに僕からの誘いに乗ってくれた際はお礼も含めて多めに払うことはあります。しかし、基本的にはお互い対等に楽しめるくらいに盛り上げ、相手に満足してほしいとの思いでデートに臨みます。

例外的におごる時

僕が例外的に奢る時はどんな時かというと、立場が対等で無い時です。例えばデートで相手を十分に楽しませられなかった時。又は相手と自分のレベルを釣り合わせることができなかった時。その際は忙しい時間を割いて頂いたお礼に奢ります。それ以外だと、相手を対等の大人として見れない時。後輩などで上下関係が出来てしまっている場合はおごることが多いです。

まとめ

こうして文字にしてみると、僕は奢るべきなのか、割り勘でも良いのかをなんとなーく考えてるのかなという事がわかりました。相当ケチな男ですが、こんな僕とでも一緒にいる価値を見出してくれる女性を大事にしていきたいです笑 お金の使い方というのはその人の哲学がでる部分だと思います。どんな時にどんな風にお金を使うのかを考えることは大事なことなのかもしれません。

 

4個上の素敵な女性との準即

人生二人目の性交相手

ありがたいことに半月のうちに2人目の女性とセックスをすることができました。お相手は先月末麻布十番祭りで出会った4個上の女性。見た目は少し派手で、帰国子女感がありましたが、心はとても無垢で優しい人でした。

アポ回想

事前のラインで相手の最寄駅である、「三茶に何かおしゃれな店はありませんか?」と聞いたところ、冗談で「トリキとか磯丸とか笑」みたいなことを返してきた。僕はその冗談に乗り、「トリキおしゃれでいいね!」と行った具合で軽い感じでアポ当日を迎えた。

事前ラインも特に盛り上がりがなく、どうしてもアポのことがイメージできず電車の中で作戦を練っていた。

合流するまで

こういった状況下では、アポの直前に相手のテンションが少し上がる何かを用意すべきだと仮説を立て、30分前におしゃれなお店を探して予約しておいた。そのことをサラッとラインで伝えると相手も嬉しそうな反応を見せてくれて。

そして待ち合わせ場所へ。時間ぴったりに現れた彼女は髪の毛を縦ロールさせ、二の腕を露わにした大人の女性という風貌で僕の前に現れた。

初対面時は完全に物腰低く弟的な役回りに回っていたので、そのテンションのまま最初は「今日もお綺麗ですね」などの褒め言葉を伝え、相手の心も温めていく。

一次会@おしゃれな肉バル

予約していた肉バルのカウンター席に座り、アポが開始。家族の話、友達の話、仕事の話など、お祭りで会った時の軽いノリとは一線を画し、落ち着いた雰囲気で話を進めつつ、時々笑いを取るスタイル。前回のアポで、聞き役に回りすぎるのも良くないとの教訓を得たので、自分の話も適度に織り交ぜていく。大人の女性ということもあり、僕の話もしっかりと聞いてくれて、単純に会話を楽しめた。

一次会を終えたが、まだ場が温まりきっていない。相手は一人暮らしということをサラッと聞き出したので、最終的なゴールは相手の家に定める。

2次会@鳥貴族

二次会は当初予定していた鳥貴族へ。リーズナブルでお酒が飲みやすくてかつ、周りもガヤガヤしていて盛り上げやすい。ここから更にギアを上げる。4個上ということもあったが、幸い僕には5個上の兄がいるので、その世代のトークには余裕でついていける。オレンジデイズの話やオレンジレンジ、昔のサッカー日本代表のイケメン選手の話などで盛り上がる。その後恋愛の核心をつく話へ。向こうが以前半同棲生活をしていた話や、好きなタイプの話など。そして一次会にて酔うとタバコが吸いたくなると話していた彼女が、ついにタバコを吸い始めた。初めから終電は越せたらと思っていたが、本当に話が楽しすぎて気がついたら終電を越してしまっていた。普段同年代や年下の女性と話していると、子供っぽさを感じてしまうことが多いのだが、4個上の女性となると何となく気が楽で、本当に楽しい時間を過ごせた。

相手の家へ

そしてこんなこともあろうかと、家族が借りていた映画「君の名は。」のDVDを持参していたので、そのまま家に行く口実が出来た。DVDルーティーンの場合、先に相手に映画が好きという事を言わせた上で映画トークなどをしておくといいと思う。

そして家に行き、「君の名は。」を鑑賞。真面目に最後まで見てからキストライ。

グダ。「歳も離れすぎてるし、今日はしないよ。」

「そうだよね。じゃあ今日は色々ありがとうってことでハグだけさせて。」そのままハグは成功。その後再度キストライ。

「まだ諦めてないの?笑 この歳になってもう初めての人とはしないって決めたの」と彼女。だが僕には何となく今日最後まで行ける予感がしていた。抵抗力の弱さからもそれが感じ取れた。

何となく返事をしつつ、隙を見て唇を奪った。

ノーグダ。そのまま右手を胸へ。そして下半身へ。徐々に彼女の体にもスイッチが入って行き、声を上げはじめる。

「電気消してくれる?」

ゲームセット。

まとめ

今回の勝因はいくつかあると思う。
1つは直前で店を予約したこと。直前に予約したことで、肩肘を張っていない感じも出せたし、予約をしたという思いやりを彼女は感じでくれたのだろう。

もう1つは世代感を相手に合わせたこと。相手が中高生だった頃の西暦を調べ、当時流行ったドラマや曲を思い出しつつ、トークに絡めて行く。彼女も最初は弟にしか見えなかったけど、実際話すと年の差を感じないと言ってくれた。

ルックスにもこだわった。初対面時はストリート系のファッションであったのだが、今回は白シャツに黒いロングパンツ。髪は七三分けで大人っぽい見た目を意識した。

これらの要因が功を奏し、見事に成功を収めることができた。しかし一次会の盛り上げなどはまだまだ改善の余地があるので、今後更に精度を上げて行きたい。

余談だが、行為後、彼女は僕がシャワーを浴びている間に僕の脱いだ服を全て畳んでくれたり、新しい歯磨きを僕のために開けてくれたり、タオルやパジャマを貸してくれたりと至れり尽くせりだった。本当に優しい女性で、これからも大事にしたいと思える人だった。そんな人に出会えたのは、行動量を増やせたからだと思う。素敵な出会いをしたければ多くの人に声をかけなければならない。そんなことも教えてくれた女性だった。

【ネタバレあり】映画 ファウンダー レビュー

当時アメリカのバーガーショップで当然とされていたドライブイン方式やトレーを廃止し、製造ラインの徹底的な効率化を図ったマクドナルド兄弟。その仕組みの将来性を見抜き、フランチャイズ化させ、世に広めたレイ・クロック。マクドナルド兄弟が創った仕組みやブランドが、レイ・クロックによって徐々に支配されていく過程が描かれている。

画期的な発明の原液を作る能力とそれを世界規模のものにする能力は別物であるということは往々にしてある。実業家の堀江貴文氏もアイディアには価値はなく、大事なのは実行力だと説いている。マークザッカーバーグ率いるFacebook社がSnapchatのアイディアをパクリ、徹底的に潰している様は本作で描かれているレイ・クロックの姿勢と重なる。

本作はマクドナルド帝国の成り立ちを美談として描いていない。劇中にもあるように、ビジネスとは戦争であり、溺れてる相手の口にフォースを突っ込まなければいけないというセリフからも、レイ・クロックという人間の非情さと執着心や根気を強さが伝わると思う。

そんなビジネスで成功するためのマインドセットを実例を用いて描いている本作は是非一度見ておくべき映画だと思う。

『逆説の日本史』における歴史考察の手法とナンパ師に必要な視点

最近、井沢元彦氏の『逆説の日本史』を読み始めた。ただ書評をするより、このブログらしく、ナンパに絡めた視点からこの本を見ていくと面白いのではないかと考え、こんな記事を書いてみた。

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

 

井沢氏の考える日本歴史学の3大欠陥

井沢氏は1巻の冒頭で日本歴史学の3大欠陥について指摘している。その3大欠陥とは以下の3つである。

  1. 呪術的側面の無視ないし軽視
  2. 史料至上主義
  3. 権威主義

1つ目は宗教的視点が弱まった現代人の視点から歴史を見すぎているということだ。古代では自然災害が起きる原因は、時の統治者の不徳によるものだと考えられていた。その他にも聖徳太子を始め、「徳」という文字が死後、名前に与えられた人物は無念の死を遂げた人物であり、人々が祟りを恐れたからそのような名前を授けられた等、筆者の独特な視点から事象に対する考察がなされている。

2の史料主義に関しては文字として残されている情報こそ最も信用に足る事実として捉えているという点だ。その時代の人にとって当たり前すぎること、目上の人間に対して気を遣ってしまい書き残せないことと言うものはたくさんある。文字に残っているものが全てであり、信用に足ると考えるのは安直すぎるのではないかというのが筆者の意見だ。

3つ目に関しては、どの学会においても同じことかもしれないが、権威のある教授の研究成果に対して、下の世代が意義と唱えられないという問題である。

今回の記事で取り上げたいのは2の史料至上主義だ。史料至上主義を恋愛に置き換え、ナンパ師に必要な視点について考えてみたい。

史料至上主義と恋愛における致命的ミス

史料至上主義を恋愛で例えるなら、相手の言う言葉の情報のみを信じるという行為である。しかし言葉はいくらでも偽ることができる。嘘をつくことは男女問わずあると思うが、女性は時に自らを防衛するため、又は男性をテストするために嘘をつく。友達には「あの男ありえない」と言いつつも、あえてその男に脈のありそうな言葉をいってみたり、本当は明日の予定などないのに、明日は早いと言ってみたり笑 しかしそれが本当か嘘かというのは一つの情報に過ぎない。それが嘘だとわかれば、なぜそのような嘘をつくのかを考える必要がある。

ここで『逆説の日本史』に話は戻す。世界中のどの神話にも共通することだが、神々のストーリーはほとんどが嘘である。しかしそれが嘘か本当かというのは実は重要ではない。その例として本書では大国主の命による国譲りの話が取り上げられている。国譲りの神話では、大国主の命が元来日本列島を統治していたが、高天原(神の世界)にいた天照大御神は自らの子孫がこの国を統治すべきと判断した。天照大御神は使者を送り、国を渡すよう要求し、大国主の命はそれに応じ、自らは「長(とこしえ)に隠れた」という物語である。この話が真実出ないことはほぼ明白だ。時の統治者が「国を譲れ」と言われて、素直に国を譲るはずがない。そこにはいくつかの戦いがあったはずだ。しかし『古事記』の神話では恐らく修正や編集が加えられこのような神話になっている。そこには大国主の命による祟への恐怖と、天照大御神の子孫、つまりは天皇家の絶対的権威を示すという効果がある。つまり見え透いた嘘にはその嘘をつく理由があるということだ。

以上を踏まえて考えると、女性による嘘に出会った時、なぜその嘘をつくのかを考えるべきである。友達には「ありえない」と言いつつも、脈の有りそうなセリフを吐くのは「興味のない男に追われている私」という構図を作り、承認欲求を満たしているのかもしれない。であれば承認欲求を満たさせるために更に攻めるべきか、あえて引いてみて食いつかせたところで承認欲求というご褒美をあげるべきなのか、などの選択肢が見えてくる。口では「私に構わないで!」と言っている女の子は実は男に構ってほしいと思っているのかもしれない。なので口で言うことだけを信じていては、相手を満足させられない。よく「言葉ではなく行動を見ろ」というが、まさにその通りで、相手の言葉は一つの情報として考えておき、真に受けすぎないことが大切だ。

まとめ

相手の行動から潜在的ニーズを見るということは恐らくビジネスでも人間関係でも同じだと思う。なぜ一軒目を出る前に口紅をつけ直したのか、なぜ「ダメダメ」言いながらパンツを脱がす時に腰が浮いているのかなど常に相手の潜在的欲求を見極めることで相手に満足を与えることができるのではないだろうか。

ナンパライフを楽しむ秘訣はナンパ以外のことで忙しくなること

ある意味逆説的な話だが、最近良くこんなことを思う。

僕は大学時代最後の夏をナンパで潰してしまった笑 そのお陰で童貞を卒業することが出来たし、非モテからも脱却できそうな感じはしている。しかし時々思う。「本当にこれでいいのか?」と笑

確かに恋愛は人生の大きな喜びの一つだ。しかし人生はそれだけではない。

本当に楽しい人生とは何か

大学生の僕には時間は余るほどあるが、お金の資源(社会的信用)は限られている。自らお金のパイを広げられていない現状において、僕はお金をどこに使うかを常に選択しなければならない。そして、ナンパ師はアポ代やホテル代、洋服代などにかなりコストが掛かる。僕もその一人で、最近ではナンパ関連以外の出費を嫌うようになってしまった。しかしある意味それは人生において大きな損失でもあるのだ。僕はナンパをする前、海外に旅行に行って新しい体験をすることが好きだった。知らない町の人達と仲良くなったり、バンコクでウエイクボードに乗ったり、それぞれの町のお酒を飲んだり。そんなナンパ以外の人生の豊かさからいつしか僕は離れてしまっていた。

お前がただの貧乏大学生なんだと言われてしまえばおしまいだが、逆に安定した収入を得ようとすれば時間を支払わなければならない。ここで僕が言う「お金」を「時間」と置き換えたほうが当てはまる人もいるかもしれない。

恋愛一点集中型の人生は相手にも自分にも良くない

話が少し逸れたが、ナンパや恋愛にリソース一点集中する人生は決して充実しないと僕は思う。ナンパ師が最も犯しては行けないミスの一つに非モテコミットがあるが、非モテコミットはまさに、恋愛にリソースを一点集中している時に起きやすい。一日中女の子のことしか考えなくなるからだ。そんな時、他の遊びや仕事に熱中していれば、女の子はあくまで片手間というマインドが出来、余裕を持って接することができる。

女性が男性を判断する二つの軸にグッドジーンズ(良い遺伝子)とグッドダッド(いい父になる資質)の二つがあるが、遊びや仕事に忙しい男はまさにグッドジーンズ感がでる。女性は自分のことにしか興味のない男性を嫌う。逆説的ではあるが、女以外の人生に忙しくなれば、女関係の人生もうまく回り始めるのではないかと思う。

まとめ

女ばかりに労力を注ぐのは自分にとっても相手にとっても良くない。映画を見に行ったり、旅行に行ったり、コンサートを見に行ったり、料理をしたり。人生には未だ僕の知らない楽しいことがたくさんあるはずだ。そんな未来に期待しながら、何かを消費し、生産していくような人生が楽しいし、充実するのではないかと思った。

こんな当たり前のようなことに気づいた大学時代最後の夏休みの前日であった笑

 

自戒を込めた文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 

アポでは聞き役になりすぎると良くないのかもしれない

今日はとある子とのアポから得たフィードバックを書いていこうかと思う。

 

これまでの経緯を話すと、新宿にて2-2ナンパで即った子をキープ化させようと、ランチアポを取り、下北沢での昼デートにこぎつけることが出来た。

 

以前別の子と準即狙いのアポにてホテルグダを崩せなかった。その原因の一つが自らの情報を開示しすぎたのではないかと考えていた。今回のアポに望む際、自分についての情報開示は最低限に抑え、極力相手に話させようという心持ちで臨んだ。

 

ランチア

幸い相手も話すことが好きだったようで、家族の話、友達の話、地元の話など、時に携帯の写真も見せてくれつつ、楽しそうに話していた。僕はところどころ質問を入れていき、彼女のトークに潤滑油を与えていった。元々このアポでは特にギラつく予定はなかった。キープ化させる上での布石として、健全にゆっくりとお話をするというのがこのアポの目的であった。そこそこの盛り上がりを見せ、この日は解散。また飲みに行く約束だけして、彼女と駅のホームで別れた。

 相手からのフィードバック

個人的には順調に進んでいるように思えた。出会った当日に即ったので、この日は無理をしないという判断も正解なのではないかと考えていた。しかし後日、僕の相方ともう一人の女の子が飲みに行った際の話。女友達が彼女のツイート履歴を見せてくれたそう。そこには、「行けると思われてたんだ。。。こっちは何も思ってなかったのに笑 しんどい笑」や「むこうが何も話さないから、こっちが気使ってめっちゃ喋らせられたんだけど」など僕に対するダメ出しが多数されていたらしいorz 

 考察

彼女はストップロスをかけることにしたが、このアポからは多くを学ばなければ行けないと考えている。相方と女友達曰く、あの日即れたのは酒の力があったから。風貌などが根本的にタイプではなかったという風に見ていたそうである。そう言われればそれまでだが、このアポをもっと盛り上げていれば結果は変わっていたかもしれない。今後に向けて考えられる原因を幾つか洗い出していく。

 

原因① 相手が気持ちよく喋れていなかった

僕目線で言えば彼女は楽しく喋れていたのかもしれないが、僕のリアクションが彼女を満足させるものではなかったのかもしれない。相手が場をつなぐために話していたという状況が非常に致命的。相手が何を喋りたいのかという繊細的ニーズを掘り起こしていく必要があるのかもしれない。

 

原因② 極端に自分の情報を開示しなさすぎた

彼女があまりにもよく喋るので、僕は終始聞き役に回っていた。相手を魅了できていなかったこともあり、そもそもほとんど質問をされなかった。僕は彼女を自己顕示欲が強く、自分語りをすることで満足を得る子なのだと判断していた。しかし場を完全に空いてに持たせるようでは今後も同じミスをしかねない。相手に家族の話をさせたら、こちらも自分の家族の話を軽くする必要があるだろう(と言うか実際軽く家族の話をしたのだが、彼女はもっとこちらの話をしてほしかったのかもしれない笑)。なので、自分の情報を開示した際に相手の反応を観察した方がいい。相手が自分の話をたくさんしたい子なのか、あるいは僕の話を楽しそうに聞いてくれているのかなど、言動や振る舞いから観察していく必要がある。

 

原因③ ギラつきを見せたほうが良かったのか

何もしないという前提でランチアポに臨んだが、それはあくまでも建前だったのかもしれない。彼女は帰り際、未だ時間はあるからもう少し居てもいいよ的な雰囲気を出していたような気もする。が、ここはさっと放流したほうが良いと思い、その後の予定も合ったので早めに放流した。彼女自身に女性としての魅力があることを伝えるためにも、もう少し攻めても良かったかもしれない。

 

まとめ

と、まぁここまで色々自戒を込めて反省文をつらつらと書いてきた。裏でボロクソ言っている割に彼女は相変わらずラインで脈ありっぽい発言をしてくる。恐らく、脈ありを出し、僕が食いついているという状態に快感を覚えているのだろう。そしてツイッターで「好きでもない男から追われている私」を開示し承認欲求を満たすことが彼女の喜びなのだと思う。僕のアポの進め方が相当未熟だったこともあるが、彼女の人間性にも少なからず欠陥があるので、この案件はここでストップをかけようと思う。自らの承認欲求のために人の時間を搾取する女を相手にしている暇はない。今週も別のアポが2つある状態なので、彼女たちを喜ばせることに僕のリソースをつぎ込む予定だ。

 

ここまでグダグダと書いたが、適量な情報開示がどの程度なのかという結論は未だ出ていない。これに関しては個人差もあるので、相手の反応を注意深く観察しながら適切な戦略を選んでいく必要がある。次回以降のアポで気づきがあればまたここに書いていこうと思う。