ナサケモノの日記

Twitter: @nasakemono2016

AbemaTVの「全日本パリピ選手権」が色々勉強になった

f:id:Dorgan:20170822002906j:plain

先日AbemaTVにて「亀田興毅に勝ったら1000万円」の企画に出場し、その名を世に知らしめた、神風永遠(かみかぜ とわ)という歌舞伎町ナンバーワンホストが主催者となり、「全日本パリピ選手権」という番組がAbemaTVで放送された。

 

ナンパを初めてから、合コンに参加することも時々ある筆者。パリピ気質でもなく、結果も出せていない現状において、何か学べるものがあるのではと思いこの番組を見てみた。出演者も多様で渋谷パリピ軍団、六本木ハーフ軍団、AV男優軍団、よしもと芸人軍団、ギラギラ経営者軍団、元あいのり軍団などなど非常にユニークなキャラクターが揃っていた。彼らが実際に女性と合コンをし、第一印象、自己紹介、乾杯、ミニゲームという4つの観点から女性審査員がジャッジしていくという構成になっている。番組はバラエティ性が強く、カメラが回っていることもあり、実際は彼らももっと踏み込んだことをしているのかもしれない。しかしミニゲームや話術の部分で参考になる部分が幾つかあった。7時間に渡る長時間番組なので忙しい人がすべて見るのは厳しいだろう。なので今回は番組を全て見た筆者から、ナンパ師視点で見て、面白かった部分のみを抽出し、皆さんにお届けしたい。

ゲーム

渋谷にぎりっち

一回戦に出場し、優勝チームともなった、渋谷パリピ軍団が用いたミニゲーム。全員が右手を出し合い、指スマのように親指を立てられるようにしておく。左手は耳たぶをもつというのが基本姿勢。そこで一人ずつ「チッチーのX(数字)」と言い、指スマのように親指を上げる。言われた数字と上がった親指の数が一緒だった時に全員が耳たぶにセットしていた左手を真ん中に集結させ、重ねる。一番上に手をおいてしまった人(反応が一番遅かった人)がお酒を飲むという、比較的シンプルなゲーム。利点としては手を握り合うので、ボディータッチで距離を縮められるという点だ。

ネオあっちむいてホイ

リズムに合わせてあっちむいてホイをするゲーム。一人が誰か一人を選んであっちむいてホイをする。指名された人は別の人にあっちむいてホイを仕掛けるというシンプルなゲーム。ある程度盛り上がって、酔いが回ってからやると有効かもしれない。

親指の掟ゲーム

こちらは合コンの最初にルールを説明すると、後から徐々に効いてくるゲームだ。一人キングを選び、キングが親指を机の上においたら、全員それを真似しなければならない。反応が遅れたら罰ゲームという流れだ。女子たちが「きゃー」と興奮し、大声を出す姿が目に浮かぶ

小技

その他にもいくつか、合コンを進める上で興味深いテクニックがあったので紹介したい。

ペアを作らせる

これは合コンの何処かで使えるかもしれないテクニック。ランダムでも作為的でも良いので、男女にペアを作らせておく。どちらかがゲームに負けたときには二人でお酒を飲むなどすると、二人の距離が徐々に縮まっていくだろう。

女性にはお酒を強要しない

合コンでお酒を強引に女子に飲ませる男は、お酒を飲ませないと女性を口説けない劣ったオスだと思われかねない。むしろ女性には「きつかったら飲まなくていいからね」など一言添えてあげると余裕を見せられるかもしれない。もちろん相手の女性を観察し、適切な対応を選んでいく必要はある。また女性が飲む際に男も一緒に飲むというのは有効である。一緒に飲むことで一体感が生まれたり、優しさをアピールしたりできる。

相手の目をじっと見る

歌舞伎町ナンバー1ホストの神風永久はペアを組んだ女性の目をとにかくじっと見ていた。これは合コンでも1-1アポでも取り入れるべき戦略のように感じた。目を見つめることで自信を表現することができる。

あまり喋ってない人に話をふる

合コン中、あまり会話に参加していない女性には何かしらのフォローをすると良い。この大会で優勝した渋谷パリピ軍団のあっくんも、会話にあまり参加しない女性に「あの、怒ってます?」などと冗談っぽくいい笑いを取っていた。このような視野の広さと女性全員を楽しませようというスタンスはとても参考になった。

連携プレー 

よしもと芸人がやっていた技。相手の自己紹介の際、

女性A「Aです」

男性陣「A!?一番可愛い名前~!!」

女性B「Bです」

男性陣「B!?一番可愛い名前~!!」

女性C「Cです」

男性陣「C!?一番可愛い名前~!!」

女性D「Dです」

男性陣「普通の名前だね」

のように落ちの付いたコント技をつかっていたのが印象的であった。しかし素人がこれをやるとやけどする可能性もあるので、十分に練習してから望むべきだろう笑

まとめ

実際この番組は、テレビ向けの合コンであったし、ここまでチャラいウェイ系の合コンをする必要はないかもしれない。しかし、女性を楽しませようと気配りをし、笑わせるために仕込みを入れていくなどのスタンスは合コンの成功率を向上させるためのヒントとなるかもしれない。