読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナサケモノの日記

Twitter: @nasakemono2016

今の大学の仕組みはいつまで続くのか

時事ネタ

今回からシリーズ物として「教育」について考えていきたい。

私は現在大学生として学校に通っているが、サプライヤー側にとって、大学というのは本当によくできた仕組みだと思う。大学は私の親世代から不真面目な学生で満ち溢れている。「本当に大学の4年間は無駄なのでは」と疑問に感じている人はたくさんいるはずだ。

まず既存の大学に関する分析をしてみたい。

大学は学者の研究費を集めるために怠惰な学生を放置し、金だけ払わせるという仕組みを巧みに創り上げた。

ユーザー目線で考えると、あたかも大学に行くことは有意義なことのように感じる。大学は元々一部のエリートに開かれた門であった。これによって大卒は社会的な信頼を得ることができ、エリート街道を歩んでいくことが可能であった。この時代を経て大学は権威というフィクションを創り出すことに成功した。これによって大半の思考停止したユーザー側はろくに勉強もしたくないのに(もちろん研究目的で大学に入る人もいるが)大学に課金していく。

大学ほど成功したサブスクリプションビジネスはない。私立であれば月額十数万円支払わなければならない。そんな毎月十数万払うサブスクリプションビジネスなんて殆どないのではないだろうか。サブスクリプションモデルにおいて休眠ユーザーは必要不可欠だ。つまり金だけ払って大学に来ない生徒が一定数いてくれるおかげで大学は成り立っているのである。不真面目な生徒の両親がコツコツと学費を払ってくれるおかげで教授たちは研究に勤しむことができ、学術的な発展につながってきたという側面もなくはない(研究者がこの権威による恩恵に甘えすぎていることも問題ではあるが・・・)。つまり大学は授業のクオリティなんて上げたところで何もメリットがない仕組みになってしまっている。

では大学という仕組みはいつまで続くのだろうか。私は大学という仕組みの再編はそう遠くないと思っている。5年から10年で大学のあり方は大きく変わるのではないだろうか。若者の数が減っているにも関わらず、大学の数が増えているというのは明らかにおかしい。文科省の調べによると1955年には大学の数は228校であったのに対し2015年には779校に増えている。実際に受験者数が定員割れする大学も多く出てきている。

法科大学院 43校で定員割れ 受験は最低更新(毎日より) | 会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所)

まずはこういった過剰供給がなされた大学が徐々に淘汰されていくだろう。いわゆるFラン大学のような大学は徐々に受験者数が減り、廃校になる。

更にもう一つ気になるのは企業も学歴フィルターだけですり抜けられるような採用をしなくなるのではないかという点だ。大量に高学歴人材を採用していた従来の大企業はこれから先の未来を舵取りしていけるかどうかすら危ういフェーズに入りつつある。本当に優秀な人材を採用しようとしている会社は学歴など気にもとめず中途で積極的に採用をしている。そんな中、大学時代の四年間をぼんやりと過ごしていた学生へのニーズは減少していくに違いない。

今や高校生ですら何万人というSNSフォロワーを獲得したり、クラウドファンディングで膨大な額の資金調達が可能となった時代である。そんな中、大学の価値は徐々に薄れていき、それが生徒側にも大学側にも少しずつ影響してくるのだろう。

これまで垂直統合型であった大学がこれからは水平統合型の時代へと突入していくと私は予想する。詳しくは次回のエントリーで書いていきたい。