ナサケモノの日記

Twitter: @nasakemono2016

童貞の底力見せたるわ

正直に言おう。僕は22歳童貞だ。 僕の女性遍歴は20秒で語り終わるレベル。小4で初恋の女の子と付き合い(ここだけ聞くと中学生で童貞卒業した子みたいだけど)、冷やかしを浴び、そこから女の子と接することがなくなり、高3でできた彼女にはクンニまでして挿入…

世界遺産の風車村 キンデルダイクへ!オランダの喉かな町並みを満喫【春の欧州旅行15日目】

この日は世界遺産にもなっている風車村キンデルダイクへ行ってきました。 まずはチケットの発券 友人とともにティルバーグ大学の授業を受ける。オークションの経済学に関する話だったが全く意味が分からなかった笑 そこから大学の図書館へ。例によって(URL)…

世界遺産の風車村 キンデルダイクへ!オランダの喉かな町並みを満喫【春の欧州旅行15日目】

この日は世界遺産にもなっている風車村キンデルダイクへ行ってきました。 まずはチケットの発券 友人とともにティルバーグ大学の授業を受ける。オークションの経済学に関する話だったが全く意味が分からなかった笑 そこから大学の図書館へ。例によって(URL)…

オランダ南部の田舎町ティルバーグ滞在記【春の欧州旅行14日目】

14日目に関しては記事にすべきかどうか迷った。写真があまりにも少なすぎるからである。。。 なのでかなり文章ばかりの滞在記になってしまうのでご了承ください笑 オランダでの自炊 朝起きてからスーパーへ行き、ハンバーグと白身魚を購入。友人の寮にてそれ…

オランダの田舎町を巡る旅~ライデン、デルフト、ロッテルダム、ティルバーグ~【春の欧州旅行13日目】

旅行系記事もまだ保存していたネタがあるので書いていきます。 再びオランダへ向かう 朝五時ごろ起床しコマロムから友人の父がブダペストまで送ってくれた。車から見る朝焼けがとてもきれい。 10時の飛行機でブダペストからアムステルダムへ。オランダのティ…

べスト盤に収録されていないアルバム曲でミスチルの歴史を振り返る 最終回 (最新にして伝説のアルバムとなったREFLECTION)

今回でミスチルの歴史の振り返りはラストとなるが、ここ3年ほどのミスチルの活動はとにかく活発。2014年に入り、レコーディングも活発化し、秋にはファンクラブ限定で未発表の新曲のお披露目ライブを開催し、その模様を映像化したドキュメンタリー映画…

べスト盤に収録されていないアルバム曲でミスチルの歴史を振り返る③ (HOME~ブラッドオレンジまで)

これまで二回にわたってMr.childrenの歴史を振り返ってきた。 dorgan.hatenablog.jp dorgan.hatenablog.jp 今回はアルバム『HOME』以降のミスチルを見ていきたい。私は『HOME』以降のミスチルは音楽に対してのスタンスが大きく変わったように感じる。これま…

ベスト盤に収録されていないアルバム曲でミスチルの歴史を振り返る② (It's a Wonderful World~I♡U)

昨日はデビューからアルバム『Q』までの約10年間のミスチルの歴史をベスト盤でもシングル曲でもないアルバム曲とともに振り返った。 dorgan.hatenablog.jp 今日はアルバム『It's a Wonderful World』から『I♡U』までの期間を振り返る。深海期を終え、純粋に…

アルバム曲でミスチルの歴史を振り返る① (EVERYTHING~Qまで)

2017年5月10日。Mr.Childrenがデビュー25周年を迎えた。このバンドがなぜこれほどまでに愛されるのかを考えてみたところ、一つの結論にたどり着いた。このバンドは一つの物語の上を生きているのだと思う。彼らのアルバムはストーリー性が強い。夢に向けて駆…

「亀田興毅に勝ったら1000万円」に見たYoutuberジョーのセルフプロデュース力の高さ

昨日はAbemaTVにて生中継された、「亀田興毅に勝ったら1000万円」という番組が1420万人アクセスを記録し、Abemaのサーバーがダウンしたことがネット上で話題を呼んだ。私は生では見れなかったのだが、AbemaTV公式Youtubeにアップされた二試合はすでに視聴し…

Mr. Childrenへの想い

25周年を迎えるMr. Children こんにちは。ナサケモノです。今日はミスチルはについて書いてみたいと思います。 5月10日を持って25周年を迎えるMr.Children。 7日の夜8時からAbema TVでもミスチル特集をやるそうだ。そこでミスチルの25周年に乗っかって、当ブ…

ハンガリーとスロバキアの国境沿いにある田舎町コマロムへ!【春の欧州旅行記12日目】

昼過ぎにブダペストを出発し友人の実家があるコマロムへ。私の友人の友人も何人かブダペストに住んでいるのだが、みんな大体週末は実家に帰るらしい。移動時間で言うと大体1時間半くらい日本で言えば、東京の都心に住みながら週末は群馬や栃木あたりに帰るよ…

初心者は質より量が大事!初心者の心得

こんにちは。ナサケモノです。 最近ブログを書いてみたり、ナンパをしてみたり、会社では営業をやったりしています。 これらのアウトプットを繰り返す作業においてしばしば議論されるのが、質か量のどちらが大事かという事です。 僕自身上記の3つの項目に対…

「ヒカキン密着24時」という動画がすごかった件について

「ヒカキン密着24時~Youtuberの裏側~」という動画が最近話題を呼んでいる。 ヒカキンの2017年4月28日に密着した動画だ。私もヒカキンのファンというほどではないが、ユーチューブでたまに動画を見たりはしていた。 現在話題となっているこの動画を見てヒカキ…

スピッツ伝説の名曲「8823」について

8823はスピッツが2000年に発表したアルバム「ハヤブサ」のタイトルチューンである。 今でもライブでは定番の曲となっており、スピッツの中でもトップクラスの疾走感を誇るロックな一曲だ。 テーマは「自由の獲得」と「社会からの解放」? この曲は聞く人の境…

ブダペスト二日目!世界一豪華なカフェ「ニューヨークカフェ」に行ってきた!【春の欧州旅行11日目】

昨日に引き続きブダペスト滞在記を書いていく。ブダペストの定番の観光地といえば鎖橋、ブダの王宮、国会議事堂、英雄広場、セーチェーニ温泉、聖イシュトヴァーンなどがある。英雄広場とセ―チェーニ温泉、聖イシュトヴァーンは以前に訪れたことがあったため…

ウィーンからブダペストへ!ブダペストの物価の安さに驚愕!【2017年春の欧州旅行10日目】

ウィーン西駅からブダペストへ電車が出ているとネットには書いてあったのだが、どうやらウィーン中央駅に移動する必要があった(無計画すぎた・・・笑)。路面電車で中央駅へ移動。 ウィーン~ハンガリーの電車移動! チケットは日によって異なるそうだが3000…

本場のウインナーにオペラ。ウィーンの主要観光地回ってきた。【2017年春の春の旅行9日目】

dorgan.hatenablog.jp ウィーンのセントラルへ! ホテルから西駅に向かい、オレンジのU3の電車に乗りシュテファンスプラッツ駅(Stephansplatz)へ。主要観光地は大体この駅の周りにある。 朝ごはん兼昼ごはんとして町中にあったおいしそうな屋台(ソーセージ…

北朝鮮とアメリカの戦争は起こらない

森友学園の次は北朝鮮。最近のワイドショーは完全に北朝鮮ネタで持ち切りだ。 なんでも核ミサイルが日本に打ち込まれた時に民間人はどのように対処すべきかなどの話が出ているほどだそうだ。 しかし実際戦争が起こることはまずないと思う。 ここで無駄に戦争…

ウィーンに到着!シェーンブルン宮殿へ!【2017年春の旅8日目】

ロンドンからウィーンへ ルートン空港で仮眠をとりながら朝6時出発の飛行機を待つ。 4時ごろまで出国審査のゲートが開かないので、外のスタバで仮眠を取る。 ゲートが開き登場口へ。ちなみに今回利用した航空会社はeasyJet。ヨーロッパのLCC二大巨頭といえば…

スピッツの初期の代表的なロック曲スピッツ「ハニーハニー」~スピッツが描く愚かな主人公たち~

今日はスピッツの初期の代表的なロック曲「ハニーハニー」を紹介していく。 世間には認知されていないスピッツのゴリゴリロックサウンド! 「ロビンソン」、「チェリー」、「空も飛べるはず」、「楓」などの代表曲とはだいぶサウンドに関しては全く別のバン…

念願のチャンピオンズリーグ観戦!エミレーツスタジアムでアーセナルVSバイエルンミュンヘンを見てきた!ヨーロッパサッカー観戦の際の注意点も【2017年春の旅7日目】

昼過ぎにノーリッジからロンドン行きのバスに乗る。目的はCL観戦!! マンチェスターユナイテッドやドルトムントがツアーで日本に来た際に見に行ったことはあるけれど、ヨーロッパの強豪同士の試合を現地で見てみたい!という昔からの念願がついに叶いました…

スピッツの「正夢」の歌詞の意味を考察してみた

今日はスピッツの「正夢」という曲の意味を考えていく。 この曲がシングル曲の割にはそこまで知名度が高くない。 しかし僕の中ではスピッツの代表曲の一つと言ってもいいんじゃないかと思うくらい名曲だと思いう。 僕は「正夢」に対して二つの説があると思う…

【2017年春の旅6日目】ノーリッジ滞在記 イギリスの田舎町の様子レポートします。

イーストアングリア大学について 夜行バスでロンドンを出発したのは23時半。ノーリッジに到着したのは午前3時。大学構内のバス停に到着。University of East Angliaに留学する友人の寮に宿泊する。ヨーロッパの寮では一般的らしいが、男女が同じフロアで生活…

ZOZOTOWN前澤友作氏の買い物に見るモノ消費とコト消費の話

先日こんな記事が話題を呼んだ。 diamond.jp ZOZOTOWNの前沢社長がバスキアの作品を62億円で落札し、アート界で名が広まり、あのレオナルド・ディカプリオの自宅に招かれたという話だ。 前澤氏はお金の使い方が本当にうまいと思う。前澤社長の豪快な金の使い…

【2017年春の旅5日目】フランスからロンドンへドーバー海峡を船で渡る ロンドンの旅情報

リールからロンドンへ! フランスのリールを去り、次に向かった先はイギリスのロンドン。 リールの駅からOUIBUSに乗り、海側へと向かう。今回のOUIBUSも60MBまでであればWi-fiが使える。 1時間半ほどバスに揺られ、港に着く。 港では両国の出国審査と入国審…

春を更に楽しむ!おすすめの春の歌8選!

こんにちはナサケモノです。 今年は4月に入っても寒い日が続きやっと春らしくなってきました。 ということでナサケモノがおすすめする春の歌を8選ご紹介したいと思います。 【今回紹介する曲たち】 スピッツ 「春の歌」 きのこ帝国 「桜が咲く前に」 くるり …

【2017年春の旅行3・4日目】 フランスのリールでのんびりした話

フランスのリールへ 3日目と4日目はフランスのリールに住む友人宅を訪れた。初めに言っておくとリールには観光目的というよりは完全に人に会うことが目的であったため、旅行記をかけるほどのコンテンツがない・・・笑 日記のような内容だができるだけ読者の…

【旅行2日目】アムステルダム観光 ホテル選びやアムステルダムの観光名所につい

アムステルダムのホテル選びで一応考慮しておくべきこと 昼前にアムステルダムに到着。本来であれば前日にアムステルダムに乗り込み2日燗アムステルダムを観光するはずだったが前回のエントリーにも書いたようにロンドンに一泊することになってしまったため…

【旅行初日】 まさかのトランジット失敗!すべての旅行者に知っておいてほしい教訓

まさかのトランジット失敗!そこから学んだ教訓 早朝に自宅を出発し吉祥寺駅へ。ここから羽田空港まではバスで約40分。 やはり羽田は成田に比べて近くて圧倒的に便利。 飛行機にのり上海ロンドン経由でアムステルダムというルート。 しかしここでトラブル発…

海外旅行系の記事も書いていきます!3月の20日間のヨーロッパ旅行総括

私の海外旅行経験 私事で恐縮だが、ここ一年ほどで幾つかの国を巡ってきた。昨年の夏はラオス、タイ、ミャンマー。秋には韓国。年始には台湾。そしてこの春イギリス(ロンドン、ノーリッジ)、オランダ(アムステルダム、ライデン、デルフト、ティルバーグ、ザ…

【書評】藤沢数希氏著『「反原発」の不都合な事実』から見る民主主義とマスメディアの融合が引き起こす最悪の現象

311以降我々日本人は原発問題という大きな課題を突きつけられ、これまで多くの議論がなされてきた。福島産の食品への過剰な偏見や避難区域から転校してきた子どもへのいじめ等いわゆる風評被害が国内外問わず起きている。菅直人内閣時代から原発の停止が進め…

Mr. Childrenの「僕らの音」に見る桜井和寿の作詞の世界

今回は初めてスピッツではないアーティストについて書いて見る。 Mr.Childrenの「僕らの音」の解釈に関しては諸説ある。この曲は桜井和寿の作詞の巧さが顕著に現れた一曲であると思う。彼の作詞の一つの特徴としてミクロとマクロを同じ視点から描くという点…

スピッツの雪風に見る死と再生の物語

今日は2015年発売の雪風について分析して見たい。まず1音目を聞いた瞬間にホッとする感覚やAメロの優しいメロディーがなんともスピッツらしい。スピッツとしては珍しく冬の歌である。雪風というタイトルもとても美しい。 ボーカルの草野さんはこの曲を死者の…

マンガ書評「からかい上手の高木さん」

今回は初の書評ということで、「からかい上手の高木さん」というマンガの書評を書いてみたい。 このマンガは無料お試しで1巻をたまたま読んでしまい、続きが気になって4巻まで読んでしまった。最新刊の5巻は未だ読めていないが書評を書いていきたい。 こ…

【大学教育シリーズ第二回】教育機関も垂直統合から水平統合へ

大学の教育というテーマで前回記事を書いてからだいぶ間が空いてしまったが、第二回ということで教育機関の垂直統合から水平統合へのシフトについて書いてみたい。 垂直統合から水平統合へのシフトは現在コンテンツ業界のほぼ全ての方面において起きている現…

「ほのほ」(2005,スピッツ)における主人公の狂気

今日はスピッツの「スーベニア」というアルバムに収録されている「ほのほ」という曲に関する分析をしていく。 前回のエントリーにも書いたようにスピッツの曲には死の臭いが強く漂っている曲が多いという内容を述べたが、今回取り上げる「ほのほ」(読み方は…

スピッツに対する想い

思春期に聞いた音楽がその人にとって特別な音楽であり続けることは少なくない。僕にとってスピッツはそんな存在だ。思春期の感性豊かな時代に見た景色や感じた匂いやあの言語化できない感覚。そんな何かがスピッツの音楽を聞いていてふと現れることがある。…

これからは音楽系の記事も書いていきます

このブログではビジネスや教育など真面目な話ばかりをしてきたので、個人的な趣味の話も出していきたい。僕の趣味の一つにJ-Rockがある。元々音楽が好きだったが、特に好きなのはJ-Rockである。バンドというのが好きで、メンバー間のストーリー性などのバッ…

今の大学の仕組みはいつまで続くのか

今回からシリーズ物として「教育」について考えていきたい。 私は現在大学生として学校に通っているが、サプライヤー側にとって、大学というのは本当によくできた仕組みだと思う。大学は私の親世代から不真面目な学生で満ち溢れている。「本当に大学の4年間…

競争において負ける確率を極限まで上げる方法

私は週末、女性との出会いを求めて街に繰り出すことが多い。 相席屋に行ったり、ストリートナンパをしたりと様々な出会いの場を利用している。 が、しかしまだ一度も成功(セックスをするところ)まで至ったことがない。僕は面白い話ができるわけではないし、…

プラットフォーム事業における営業について

私は某プラットフォーム企業の営業部に所属している。営業とは行っても少し特殊で、プラットフォームへの掲載の勧誘のような営業である。その際に多々直面する問題がある。営業のKPIが掲載数なのか売り上げ金額なのかというで話だ。 結論から言うと私は売り…